2017年08月15日 (火) 19:14:00

ホントに梅雨は明けたのか?

今週に入っても、雨がちのお天気が続くようで、ホントに梅雨は明けたのか疑問に感じないでもありません。昨日は出勤したんですが、かなり電車は空いていました。今週は夏休みを取るサラリーマンも多そうな気がしますが、お天気が冴えません。
下の画像は日本気象協会のサイト「関東まだ続く曇雨天 晴天と暑さ戻る?」から引用しています。

photo


1993年夏のバブル経済崩壊後、日本経済が底割れした年の夏の雨っぽい天候になぞらえる向きもあるようなんですが、誠に残念ながら、私は1993年の夏は在チリ大使館で海外勤務の優雅な生活でしたので、その時の日本の天候はまったく不案内です。
Entry No.5455  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月11日 (金) 13:39:00

ウェザーニューズによる台風5号の進路予想の検証やいかに?

photo


台風5号は、迷走や停滞を繰り返した後、紀伊半島に上陸し北陸から日本海に抜けましたが、ウェザーニューズから台風5号の進路予想に関する検証結果が8月9日付けで明らかにされています。世界13機関の進路予想がバラバラに終わり、進路予想が難しいという意味で、めずらしい台風だったようです。私は専門外なんですが、上の画像の通りです。上の画像のうちでも、左側の上陸に際した進路については、結局、一番西側、というか、北側の進路がもっとも近かったと見えます。ウェザーニュースの見方では、英国の機関が一番精度がよかった、と結論されています。
Entry No.5450  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年08月03日 (木) 19:29:00

インテージ調査による夏の食卓東西ランキングやいかに?

今年は猛暑といわれつつ、実は、まだ梅雨が続いているようなお天気の日もあり、なかなかお天気が安定しない印象なんですが、今年は夏土用が2日あるらしいとウワサに聞きつつ、私はまだうなぎは食べていません。ということで、調査大手のインテージから一昨日8月1日付けで、夏の食卓東西ランキングが明らかにされています。下の画像の通りです。

photo


トップの冷奴と2位のそうめん・冷麦は東西で共通です。ただし、冷やし中華や枝豆などのゆで豆は東西で食卓登場率がかなり異なっています。京都出身の私から見て、食文化については、圧倒的に関西の方が首都圏よりも洗練されている気がするんですが、そうではないと考える人も少なくんさそうな気もしますし、夏に限らず、季節ごとに地域や地方により郷土色が満点なのだろうと受け止めています。でも、夏は冷たいのがごちそうなのかもしれません。インテージのサイトには、他にもいろいろと情報が満載です。
Entry No.5437  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年07月17日 (月) 17:42:00

マクロミル・ホノテによる「働く大人の夏休み事情」やいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、マクロミル・ホノテから7月4日付けで「働く大人の夏休み事情 (2017年版)」と題してアンケート調査結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトからTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 会社員の夏休み、理想は平均9.5日間、現実は平均5.7日間
  • 夏休みの予定、「お出かけ・旅行」が61%で最多、次いで「家でゆっくり過ごす」45%、「帰省」35%
  • お出かけや旅行で重視するポイント、1位「予算」66%、2位「グルメ」52%、3位「のんびりできる」48%。Instagramユーザーは、「良い景色・絶景」もポイントに!
  • 家での過ごし方は、多い順に、「睡眠」63%→「TV」59%→「読書」35%→「ネット」30%


ということで、エコノミストにとっても、それなりに興味ある話題ですので、図表を引用しつつ簡単に見ておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 夏休み取得予定日数(最大連休)と、理想の夏休み期間 を引用しています。夏休みを取得する予定はないとする回答者が20%に上るものの、理想としては65%が「1週間以上」と回答し、平均は9.5日間であったのに対して、実際にとれる休みの平均は6.2日間だったそうです。理想と現実の間にはこれくらいの差があるのかもしれません。

photo


グラフの引用は省略しますが、その夏休みの予定について、最多は「お出かけ・旅行」で61%。次いで「家でゆっくり過ごす」45%、「帰省」35%ということになっています。我が家の場合、下の倅がもう1年大学受験生をしていますので、上の倅の単独行を別にすれば、受験生を放り出して親が勝手に出かけるのもはばかられ、家にいることになりますので、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 夏休みの家での過ごし方 (上位5位) を引用しています。まあ、こんなカンジなんでしょうね。私は自転車で行ける範囲の近場、例えば、プールや図書館などには出かけたいと考えています。

最後に、ディムスドライブでも同じように「夏休みの計画」に関するアンケートが実施され、結果が明らかにされています。ほかにもいっぱいありそうな気がしますが、取りあえず、ご参考まで。
Entry No.5411  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年06月28日 (水) 19:42:00

サンテFXネオのワンピースとのコラボ製品を買い求める!

目薬の話題です。サンテFXシリーズにワンピースとのコラボ製品が発売されています。
私は花粉症であるとともに、ほぼ通年性のアレルギーに悩まされており、マスクとともに目薬は手放せません。いくつかの目薬を適当に気の向くまま使い回しているんですが、実は、サンテFXネオもそのひとつです。6月20日に発売開始されたらしいんですが、私も先週末から今週にかけていくつか買い求めました。コラボでない通常のモデルと同価格で売っているところもあれば、コラボ製品には50%を超えるプレミアムを乗せているドラッグストアもありました。我が家の近くで展開している地場のドラッグストアなんですが、さすがに50%超のプレミアムは、ちょっと、やり過ぎと感じてしまいました。同価格で売っているところだけで私は買い求めています。
なお、過去に私が買い求めたサンテFXネオのコラボ製品は、その昔のエヴァンゲリヲンとのコラボ、ももクロとのコラボ、進撃の巨人とのコラボがあり、それら以外にもあったのかもしれませんが、よく把握していません。なお、秋にはワンピースとのコラボ製品第2弾が売り出されるようです。コラボ第2弾が出るのはエヴァンゲリヲン以来ではないでしょうか?
下の画像はサンテFXのサイトから引用しています。

photo
Entry No.5384  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年06月16日 (金) 22:43:00

「セイコー時間白書2017」に見る時間感覚やいかに?

去る6月10日は、その昔の天智天皇に由来するともいわれる時の記念日で、その前日の6月9日に、「セイコー時間白書2017」と題して、生活者の時間について意識や実態を探る調査結果が明らかにされています。まず、リポートから主な調査結果を引用すると以下の通りです。

主な調査結果
  • 時間の価値
    • 最も時間に追われているのは「社会人」ではなく「学生」
    • 1時間の価値オンタイムは3,669円、オフタイムは6,298円
    • 最も大切にしている時間は「金曜日の22時」次いで「月曜日の5時」、「月曜日の6時」の朝時間
  • 時間と気持ち
    • 「ひとりの時間」を大切にしているけど「誰かといる時間」も増やしたい
    • 会えない時間の気持ちをつなぐデジタルコミュニケーション


これだけを見れば、何が何やら理解不能な向きもありそうな気もしますし、こういったアンケート調査結果の取りまとめが少し下手な気もしますが、私の興味ある範囲に限って、いくつか図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo



まず、上のグラフはリポートから 時間に追われていると感じますか? との問いに対する回答を引用しています。この結果から、社会人よりも学生の方が時間に追われている、との結論が引き出されています。私もやや意外でしたが、我が家で実際に感じる限り、浪人生の下の倅を別にすれば、確かに、大学生の上の倅よりも私の方に時間的な余裕がありそうな気がします。ただ、私は間もなく定年退職で、それなりに結構な身分の国家公務員ですから、そうなのかもしれません。でも、マクロでこういった結果が出ている理由もあるんだろうと想像しています。

photo


次に、上のグラフはリポートから 自分の1時間の価格 との問いに対する回答を引用しています。私の実感と合致して、オンタイムよりもオフタイムの方により大きな価値を認め、女性よりも男性が、また、若い世代ほど高い価値を認めているのは、まったくこの通りだろうという気がします。ただ、30代の時間価値が低いのがやや意外ですが、理由は私には不明です。

photo


最後に、上のグラフはリポートから 最も大切にしている時間帯ヒートマップ を引用しています。週末の金曜日や土曜日の夜の時間帯が大切というのはとてもよく判りますが、月曜日の早朝というのは私にはまったく理解不能です。私は、そこそこ仕事が重要であり、責任ややりがいも感じてきたつもりですが、1週間のうちで仕事を始める直前の時間帯をここまで大切と感じたことはありませんでした。
Entry No.5368  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年04月24日 (月) 21:23:00

マクロミル・ホノテによる2017年ゴールデンウィーク休暇の理想と現実やいかに?

もうすぐ今週末からゴールデンウィークが楽しみですが、4月4日公表とやや旧聞に属する話題ながら、マクロミル・ホノテのサイトで2017年ゴールデンウィーク 理想と現実と題して、連休日数などを調査しています。我が家は受験生がいますので、大っぴらに遊び回ることは出来かねますが、世間さまの動向には着目していますので、グラフをいくつか引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査結果の TOPICS を3点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  1. 2017年ゴールデンウィーク、働く男女の理想は「9連休」が断トツ! でも現実は「5連休」
  2. 気になる他人のお財布事情、ゴールデンウィークの平均予算は、ひとり当たり36,058円、男性は30代、女性は他世代を大きく引き離し20代がそれぞれトップに
  3. ゴールデンウィークの"お出かけ率"は83%、引きこもり派の3大理由、「混雑が苦手」「疲れた身体を休めたい」「金欠」


なかなかよく取りまとめられた印象です。我が家は受験生がいますので、大っぴらに遊び回ることは出来かねますが、世間さまの動向には着目していますので、グラフをいくつか引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの連休日数 を引用しています。見れば明らかで、5連休が過半を占めています。今年のゴールデンウィークは5月1日(月)と2日(火)の2日間を休めば最大で9連休が可能なカレンダーなんですが、実際は5月3日から7日までのカレンダー通りの5連休、という人が多そうな雰囲気です。私もそうかもしれません。

photo


次に、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの理想の連休日数 を引用しています。理想は9連休という人が過半を占めていますが、カレンダー通りの5連休でもいいや、というカンジの人も少なくなく、平均ではその中間の7日、との結果が出ています。まあ、そうなのかもしれません。

photo


最後に、上のグラフはマクロミル・ホノテのサイトから 2017年ゴールデンウィークの消費予想 を引用しています。あくまで予想なんですが、1万円未満と1万円から3万円未満がそれぞれ1/3を占めていて、やや渋い結果となっています。ただ、大胆に使う人がいるようで、平均は3万円を超えています。エコノミストとしては消費がどこまで盛り上がるかは気にかかるところです。

私は年度末と年度は縞が忙しい公務員ですので、今年に入ってから有給休暇はまだ1月に1日取っただけとなっていて、かなり年齢的な体力低下もあって疲労がたまっているような気がしますが、ゴールデンウィークはもうすぐです。何とか今週を乗り切りたいと思います。
Entry No.5294  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年04月16日 (日) 14:27:00

今年のゴールデンウィークのお天気傾向やいかに?

photo


今日はとても気温が上がり、私は半袖でした。でも、街行く人の中にはまだダウンを着用に及んでいる人もいたりしました。季節の変わり目です。
といことで、先週4月10日にウェザーニューズから今年2017年ゴールデンウィークの天気傾向が明らかにされています。上の画像の通り、気温は平年よりやや高めの地域が多く、お天気は周期的な変化を見せるようです。今年は割合とカレンダーがいいので、連続休暇が取りやすそうなんですが、我が家は昨年に続いて受験生がいますので、おおっぴらに遊びに行くことは差し控えようと考えています。
Entry No.5283  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月20日 (月) 18:32:00

世論調査結果「特殊詐欺に関する世論調査」に見る根拠の不明な自信は何を招くか?

ちょうど1週間前の先週月曜日3月13日に内閣府政府広報室から「特殊詐欺に関する世論調査」の結果が公表されています。その昔に、「オレオレ詐欺」などと呼ばれていた詐欺に関する世論調査です。年齢別に見て、やや疑義のある結果でしたので簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


上のグラフは、年齢別に見て、特殊詐欺に対する意識、すなわち、自分が被害にあうかどうかについての問いに対する回答結果の比率です。見れば明らかな通り、「自分は被害にあわないと思う」が年齢が高くなるに従って増加しています。なかなか根拠が疑わしい結果ではないかと思いますが、さらに、被害にあわない根拠を問うと、さらに根拠が薄弱そうに見えます。

photo


ということで、上のグラフは、被害にあわないと思う理由のうち、「だまされない自信があるから(家族の声やうそを見分けられる自信がある)」と回答した比率を年齢別にプロットしています。これまた、年齢が高くなるに従って「だまされない自信がある」とする比率が上昇しています。

どういった根拠で、このような自信がわいてくるのか、私はとても知りたいと思いますが、そう遠くない将来に、私もこういった年齢層の仲間入りをするわけですから、根拠薄弱な自信は慎みたいと自戒しています。
Entry No.5252  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月19日 (日) 14:44:00

ウェザーニューズによる「第2回桜開花予想」やいかに?

photo


とても旧聞に属する話題ですが、3月7日にウェザーニューズから今年2017年の「第2回桜開花予想」が明らかにされています。3月5日にも日本気象協会の開花予想を取り上げたところなんですが、まあ、そこは季節の話題です。
見れば明らかですが、上の2枚の画像のうち、上の方が各地の桜の名所別、下が都市別、となっています。東京ではこの3連休明け、数日ならずして開花が始まるとの予想です。全国で早いところでは、福岡県舞鶴公園や熊本県熊本城、高知県高知公園では3月22日、東京都上野恩賜公園では23日、京都府清水寺では30日、などの見通しとなっています。
Entry No.5251  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月14日 (火) 21:22:00

ディムスドライブによる「マスクに関するアンケート」調査結果やいかに?

とても旧聞に属する話題なんですが、2月28日付けでディムスドライブから「マスクに関するアンケート」調査結果が明らかにされています。この季節に私はマスクが手放せず、街中でもマスク着用者が増えたような気がするんですが、その実態はどうなっているのか興味あるところです。まず、ディムスドライブのサイトから調査結果のポイントを8点引用すると以下の通りです。

「マスク」に関するアンケート
  • 風邪や花粉症などの予防のためにマスクを使用する人 約6割
  • マスク使用季節のメインはやっぱり『冬』と『春』。『夏』も1割
  • マスク素材は『不織布(使い捨てタイプ)』が94.8%
  • マスクは『1日使ったら新しいものに交換』56.2%
  • 『ドラックストア』で購入が8割超。 『スーパー』も2割程度
  • 使用しているマスクの"機能・特徴"は『風邪・インフルエンザ・花粉症』予防など
  • 使用してみたい"機能・特徴"では
    『喉を潤す加湿マスク』『メガネ・サングラスが曇らないマスク』なども
  • 『夏に着けても暑くならないマスク』『保湿効果のあるマスク』など…こんなマスクがあったらいいな


ややポイントが多すぎて、長くなってしまいました。最後の2点はどうでもいいような気もしますが、一応、並びで取り上げておきました。いくつか図表を引用しつつ簡単に取りまとめておきます。

photo


まず、上の図表はディムスドライブのサイトから 予防の為にマスクをするか の質問に対する回答結果です。老若男女合せて60%近い人が予防のためにマスクをすると答えています。まあ、そうかもしれません。こういった調査の取りまとめで、「よくする」+「たまにする」で合計してしまっていますが、それなら、「する」と「しない」2分割で回答させた方が、回答者の負担が少ないんではなかろうか、と私は思わずにいられません。どうせ、大した集計はしないんでしょうから、回答者の負担軽減もそれなりに重要です。

photo


次に、上の図表はディムスドライブのサイトから マスクを使用する季節 に関する質問の回答結果です。冬と春に多いんですが、やっぱり、花粉症の季節と気温の低い季節の合わせ技なんだろうと思います。私にとっても、マスクは半分くらいは防寒具なのかもしれません。

photo


最後に、上の図表はディムスドライブのサイトから マスク購入場所 に関する問いに対する回答結果です。やっぱり、ドラッグストアが多くなっています。私も使っているマスクがそもそも有名ドラッグストアのブランドですので、そこにしか売っておらず、ドラッグストアで買っています。

ちょうど1か月前の2月14日にも、@nifty 何でも調査団による「マスクについてのアンケート・ランキング」を取り上げたところなんですが、マスクについてはいろいろと気にかかるところがあり、似たようなアンケート調査結果を失礼しました。
Entry No.5244  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年03月05日 (日) 17:28:00

第2回目の日本気象協会桜予想やいかに?

photo


先週3月1日に日本気象協会から第2回目の桜予想が明らかにされています。上の桜前線地図を見れば理解できるように、都心がトップを切る可能性もあるようです。すなわち、3月の気温は全国的に平年並みかやや高い予想で、桜のつぼみは順調に生長する見込みとなっており、3月22日には全国のトップを切って東京都心(千代田区)をはじめ、福岡市や宇和島市、その後、月末にかけて西日本や東海地方・関東地方の大部分の地点で開花する見込みで、開花から1週間から10日ほどで満開を迎える予想、だそうです。とても楽しみです。
Entry No.5230  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月26日 (日) 18:48:00

マルハニチロ「ラーメンとチャーハンに関する消費者実態調査2017」に見る居住地別好きなラーメンやいかに?

photo


とても旧聞に属する話題かもしれませんが、2月8日付けで、マルハニチロから「ラーメンとチャーハンに関する消費者実態調査2017」が明らかにされています。私はラーメンもチャーハンもここ数年は食べておらず、特に興味もないんですが、中にひとつだけ興味ある画像がありましたので、引用しておきたいと思います。それは、p.7/16 の【図3】居住地別好きなラーメンです。以下の通りです。私は関西出身で現在は東京住まいですが、味の嗜好については関西人のままです。ラーメンの地域別の嗜好についても、何となく判る気がします。休日らしい話題で軽く終わっておきたいと思います。
Entry No.5223  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月19日 (日) 17:14:00

気象協会による「第4回2017年春の花粉飛散予測」やいかに?

photo


2月13日付けの都庁福祉保健局の発表「都内でスギ花粉の飛散開始 (速報)」にあったように、いよいよ東京でも花粉の飛散が確認され、本格的に花粉症シーズンが始まりました。都庁の発表の翌日2月14日に、気象協会から「第4回2017年春の花粉飛散予測」が明らかにされています。上の一連の画像の通りです。処方薬は入手しましたし、体調を整えて、もう、この季節はひたすら耐え忍ぶだけです。
Entry No.5216  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月14日 (火) 21:28:00

@nifty 何でも調査団「マスクについてのアンケート・ランキング」やいかに?

先週金曜日の2月10日に @nifty 何でも調査団による「マスクについてのアンケート・ランキング」が明らかにされています。すでに花粉症の季節が始まっており、私もマスクが手放せないところ、アンケートの調査結果からいくつかグラフを引用しつつ、簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、上のグラフは「マスクについてのアンケート・ランキング」から 普段どのタイプのマスクをつけますか? という問いに対する回答を引用しています。見れば明らかな通り、プリーツ型がかなり圧倒的と考えてよさそうです。男女で2-3割くらいマスクをつけない割合がありますから、マスクをする人の中ではプリーツ型が過半数のようです。私もそうです。続いて、立体型なんですが、私自身はカッコ悪いと思っています。もちろん、コストもプリーツ型に比べて割高な印象があります。この後に、マスクを交換する頻度に関する質問があるんですが、これまた、1日1回が圧倒的です。私もそうですし、グラフの引用はヤメておきます。ただ、男性よりも女性の方がマスク交換の頻度は高そうです。

photo


次に、上のグラフは「マスクについてのアンケート・ランキング」から どんなときにマスクをしますか? という問いに対する回答を引用しています。自分自身が風邪をひいた時がトップなんですが、それに続いて、風邪やインフルエンザの蔓延に対して予防的にマスクをつけるパターンが出ています。花粉症の季節もそうなのかもしれません。ただ、私の場合は、真ん中へんにある防寒用途も理解を示しています。しかしながら、私の場合はほぼ年中マスクをしていて、夏もマスクする場合が少なくありませんし、1日単位でも、例えば、夜寝る時もマスクすることもあります。私の役所のオフィスは、窓はいわゆるハメ殺しですし、特にこの季節はそれなりに空調も効いていますが、そのオフィスでもマスクをする場合はまれではありません。ですから、毎日1枚マスクを取り換えるとしても、年間300-350枚くらいは使うことになります。

photo


最後に、上のグラフは「マスクについてのアンケート・ランキング」から マスクを選ぶときに重視する点は? という問いに対する回答を引用しています。フィット感がトップで私も同じです。7番目にカット率が上げられていますが、マスクの布地を通すというよりもスキマから漏れる方が花粉などを通してしまいかねませんから、フィット感よくスキマから漏れにくい形状を重視するべきだと私は考えています。ですから、いろいろと試した結果として現在使っているマスクに落ち着いた記憶がありますが、それでも、適当に「浮気」をして、もっとフィット感のいいマスクがあるかどうかを試していたりします。また、5番目のメガネの曇りについては、少なくとも私の場合は諦めていて、メガネとマスクは両立しませんから、特に今のような花粉症の季節はマスクの方を重視しています。

なかなか興味深いアンケート調査結果でした。快適なマスク・ライフに役立てたいと思わないでもありません。
Entry No.5211  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月12日 (日) 17:42:00

気象協会による桜の開花予想やいかに?

photo


やや旧聞に属する話題かもしれませんが、先週水曜日の2月8日に気象協会から第1回目の桜の開花予想が明らかにされています。上の画像の通りです。ヘッドラインを引用しておしまいにします。

2017年の桜 (ソメイヨシノ) の開花は、九州では平年よりやや遅く、そのほか全国的に平年並みの見込みです。福岡で3月23日頃、次いで、東京・高知・熊本で3月24日頃の予想です。3月末までには関東から西の地域で続々と開花の便りが届き、4月上旬には北陸・東北南部で開花する見込みです。桜前線が津軽海峡を渡るのは、4月末の大型連休頃の予想です。


我が家の下の倅も今年は大学受験の年なんですが、受験生諸君も「サクラサク」を目指してがんばって下さい。
Entry No.5209  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年02月01日 (水) 19:27:00

そろそろ始まる花粉シーズンにインテージによる「2017花粉症みんなの対策」やいかに?

かなり旧聞に属する話題ですが、1月19日にインテージから「2017花粉症みんなの対策」と題する調査結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。小売店パネル調査と個人モニターに対するネットによるアンケートの2本立て調査のようです。まず、調査のポイントを5点、インテージのサイトから引用すると以下の通りです。

PICK UP
  • 首都圏の花粉症率は47%
  • 実行率トップ3は「マスク」「薬」「手洗い・うがい」
  • 取り入れ率トップ3は「ヨーグルト」「甜茶」「乳酸菌」
  • 効果実感トップ3は「ヨーグルト」「プロポリス」「乳酸菌」
  • 最近注目の花粉症対策キーワードは「舌下免疫療法」「減感作療法」


繰り返しになるものの、小売店パネル調査と個人モニターに対するアンケートの2本立て調査なんですが、主として、個人モニターの結果に着目しつつ、インテージのサイトからグラフも引用して簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、グラフなどの図表は引用しませんが、上の PICK UP の1-3点目までについて、インテージが昨年末に実施した調査では、「自分は花粉症」と答えた人は47%で、そのうち、スギ花粉の時期である2-5月に発症する人は95%に上ったとリポートされています。そして、対策は順に、マスク56.5%、処方薬40.8%、うがい・手洗い39.8%、市販薬38.2%となっています。加えて、花粉症対策に取り入れたことのある食材/サプリメントを問うたところ、ヨーグルト46.4%、続いて、甜茶22.1%、さらに、乳酸菌13.2%がトップスリーで、以下は10%に達しません。それらの中で、効果を感じられたもの の結果が上のグラフの通りです。インテージのサイトから引用しています。トップのヨーグルトが44.7%と、半数近い効果の実感があったようです。実は、私も毎朝ヨーグルトを食べるようにしているんですが、それほどの効果は実感していません。どれくらいの量を食べる必要があるのか知りたい気もします。続いて、プロポリスが44%に上っていますが、取り入れた人が2.2%しかいませんので、ややサンプルの小ささに不安が残ります。3番目の乳酸菌はヨーグルト類似ではなかろうかという気がします。

photo


そして、上のテーブルは、最近注目している花粉症対策 について、自由回答を集計した結果をインテージのサイトから引用しています。薬系では、アレグラ、アレジオン、アレロックと、花粉症の人ならば知っていそうな個別具体的な商品名も見えます。もっとも、私は別のお薬を処方してもらっています。そして、舌下免疫療法と減感作療法が最近注目の花粉症対策のキーワードなんだそうです。免疫系に対する医学的な治療なのかもしれませんが、私には理解不能です。

私自身の個人的な体験としては、窓も開かないオフィス勤務のウィークデーと違って、週末に自転車で外出することが多いものですから、10日ほど前の1月21日(土)に今シーズン初めての花粉の飛散を私の鼻が感知しました。そして、その後、今週に入って月曜日から連続的に花粉を感知しています。対策としては、このアンケート結果と同じで、処方薬の服用とマスクに頼っています。早く花粉のシーズンが終わることを願っています。
Entry No.5197  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月29日 (日) 18:37:00

マクロミルによる「バレンタイン実態調査2017」やいかに?

さて、もう少し先のお話しかもしれませんが、2月14日はバレンタインデーです。私のように、指折り数えてあと何年で定年体感というようなジーサンはともかく、我が家の倅どものような若い男女には気にかかるところかもしれません。ということで、マクロミル・ホノテから働く男女を調査対象とした「バレンタイン実態調査2017」の結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査のTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 働く男女のバレンタインチョコ購入実態、女性は80%、男性も4人に1人にあたる25%が購入!
  • 平均予算は 「4,347円」、2年で639円ダウン
  • バレンタインチョコは誰に贈る? 1位「本命チョコ」、2位「自分へのご褒美チョコ」、3位「家族へのファミチョコ」、
    手作り派は25%、買う派は75%
  • ライバルに差を付けろ! バレンタインに真似したい最新アイデア、ご紹介!


グラフをいくつか引用して、週末日曜日のブログらしく、簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、マクロミル・ホノテのサイトから バレンタインチョコの購入率 を男女別にしたグラフを引用すると上の通りです。女性はさすがに80%を超えています。よく理解できないのが、男性でも4人に1人はバレンタイン・チョコを買っているという事実です。私は60年近い人生で、バレンタイン・チョコを自分で買ったことはありません。よく理解できないながら、女性からもらったと見栄を張るんでしょうか。20%の女性は、要するに、あげる相手がいないんでしょうか、それとも、バレンタイン・チョコなんぞを必要ともしない相手がいたりするんでしょうか?

photo


次に、マクロミル・ホノテのサイトから バレンタインチョコを贈る相手 のグラフを引用すると上の通りです。やっぱり本命チョコがトップで、2番目に多かったのご褒美チョコですから、バレンタインチョコを購入する人の実に半数が、自分のためにご褒美チョコを買うようです。先ほどの男性が買うのもひょっとしたらご褒美チョコなのかもしれません、と、今さらながらに思い返したりしています。そして、私も買おうかという気になりそうで少し怖いです。
Entry No.5194  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月22日 (日) 17:44:00

日本気象協会による「2017年春の花粉飛散予測」やいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、先週火曜日の1月17日に日本気象協会から、今シーズン第3回目の「2017年春の花粉飛散予測」が明らかにされています。下の画像は日本気象協会のサイトから2017年スギ花粉前線を引用しています。

photo


時期的には、この先1月下旬から2月にかけて、全国的にほぼ平年並みの気温になる見込みで、そのため、2017年春のスギ花粉の飛散開始は全国的に例年並み、つまり2月上旬には九州北部・中国・四国・東海地方の一部から花粉シーズンが始まり、関東甲信地方では2月中旬には花粉シーズンへ突入する見込みだそうです。飛散量としては、九州・四国・近畿・東海地方では高温・多照などの花芽が多く形成される気象条件がそろったため、多くの地域で花粉の飛散数は例年を上回り、前シーズンよりも非常に多い予想で、北陸・中国地方では前シーズンより多く、例年並みの飛散数でしょう。一方、東北・関東甲信地方では気温は高めだったものの曇りや雨の日も多かったため、飛散数は前シーズンより少なめで、例年と比べてもやや少なくなりそうな見込みです。私のような花粉アレルギー持ちにとって、まずまず、過ごしやすいシーズンにならんことを願っています。
Entry No.5187  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月15日 (日) 17:56:00

大学生協連合会「2016年度保護者に聞く新入生調査」概要報告やいかに?

先週1月10日に大学生協連合会から「2016年度保護者に聞く新入生調査」概要報告が明らかにされています。昨年2016年に入学した新入生(学部生)の保護者を対象に、2016年4-5月にかけて調査が実施されています。一般的によくいわれる通り、受験から入学までにかかった費用がかなり高額化しており、受験・入学費用に貯蓄を切り崩す家庭が増加する一方で、決して使い勝手がよくないと見られている奨学金や学資保険は敬遠する傾向にあるようです。ほかに、私から見て興味深かったグラフを2枚ほど引用したいと思います。

photo


上のグラフは大学生協連合会のサイトから 心配なこと・就職や将来 (専攻別) を引用しています。ただ、誤解のないように繰り返しになりますが、調査対象は新入生の保護者であって、新入生ご本人ではありませんので、念のため。就職や将来については、リーマン・ショック直後の2009-10年ころにピークに達した後、緩やかに低下を示して、世間一般の景気のよさを反映していたように感じているんですが、なぜか、2016年は再び上昇に転じています。何か特殊要因があるのか、それともたまたまなのか、よく判りません。ちなみに、我が家の上の倅が大学に入学したのは2015年で、下の倅は2歳違いです。ご参考まで。なお、専攻別では、文系がもっとも心配の度合いが高く、理系は文系よりやや低く、医歯薬系はほとんど心配がない、という結果が示されています。まあ、そうなんでしょう。

photo


上のグラフは大学生協連合会のサイトから 入学式同行者 を引用しています。2011年に一時的な落ち込みが見られるのは震災の影響だという気がします。それを別にすれば、ここ数年でトレンドとして同行の割合が増加しています。父親よりも母親の同行の比率が高いのは当然かもしれません。というのも、一昨年の我が家の上の倅の入学式でも、上のグラフの世間一般の傾向と同じで、我が家からは女房が同行し、私は行きませんでした。思い起こせば、40年ほど前の私の京都大学の入学式にも母親が来てくれましたが、父親は入試の合格発表は受験生の私よりも早く見に行ったくせに、入学式の日は仕事だったような気がします。

うまく行けば、今年の4月は下の倅の大学入学式があるかもしれません。その場合、女房が行きそうな気がしますが、私はパスかもしれません。
Entry No.5180  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月13日 (金) 20:34:00

明日から始まるセンター試験に向けてガンバレ受験生!

photo


明日の土曜日とその次の日曜日は2日に渡ってセンター試験が実施されます。我が家では、10年近く前に私が地方大学の教員で単身赴任で出向した際に2度ほど試験監督を務め、一昨年は上の倅が受験しており、さらに、今年は下の倅の大学受験が控えています。広い日本で天候はまちまちでしょうが、我が家の周辺は寒いながらも冬晴れが続いています。
大学によっては定員割れして、受験生のほぼ全員が合格するケースもあろうかと想像する一方で、まだまだ、大学全入には届きませんから、上の画像で合格招き猫をArtBankのサイトから引用しながら、それでも合格だけを祈念するのは無責任と考えますので、後悔のないように持てる実力のすべてを出し切ることを願っています。

がんばれ受験生!
Entry No.5178  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月08日 (日) 17:43:00

トレンド総研による「2017年トレンド予測」やいかに?

かなり旧聞に属する話題かもしれませんが、トレンド総研から「2017年トレンド予測」の結果が昨年2016年12月27日に明らかにされています。2部構成であり、最初はネットにおけるアンケートで今年2017年の注目のイベントやトピックスを取りまとめ、第2部ではトレンド総研にて今年2017年の流行を予想しています。まず、アンケートによる今年2017年に注目されるイベント・トピックスのトップテンをリポートから引用すると以下の通りです。

photo


まあ、トランプ米国大統領の就任が何といってもトップでしょう。これは鉄板です。ただ、昨年2016年12月20日付けで取り上げたプレミアムフライデーが何と3位に入っています。私自身はこの制度の認知度をとても懸念したんですが、知らなかったのは私だけかもしれません。楽しみにしているサラリーマンも少なくないような気がします。また、うまく画像として引用できなかったんですが、今年2017年の流行予想のうち、私が注目したのは、食の分野でフランス流の食事スタイル、世界初の全自動衣類折りたたみ機ランドロイドや衣類リフレッシュ機器LGスタイラーなどの家事をラクにしてくれるロボット家電、さらに、「STAY (ステイ)」と「VACATION (バケーション)」を組み合わせた造語「ステイケーション」と呼ばれる家の中や近場でバケーション気分を味わう新しい余暇の過ごし方、などです。

参考になったようなならないような、果たして、これらの予想は実現されるんでしょうか、その結果やいかに?
Entry No.5172  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月04日 (水) 19:43:00

今日はご用始め!

今日は、役所的にいえばご用始めです。でも、今はこの用語は少数派となっていて、仕事始めの方が多数派なのかもしれません。というのも、NHK放送文化研究所のサイトによれば、ご用始めではなく仕事始めと言い習わすようにしている旨が明らかにされています。
帰省をはじめとする旅行などもあって、私のオフィスでもまだ全員がそろっていたわけではありませんが、私は出勤しました。今年も1年、お国のためにお仕事します。
Entry No.5168  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2017年01月01日 (日) 00:07:00

紅白歌合戦は椎名林檎の圧勝!

もう寝ようと思ったんですが、昨年の紅白は例年になく熱心に見てしまいました。

椎名林檎の圧勝だった気がします。都庁前の熱唱は記憶に残りそうな気もします。「時よ止まれ」でストップした都庁前の人々も印象的でした。
でも、その少し前にバイオリンの三浦文彰が登場したのには驚きました。ピアノの金子三勇士とともに、注目のアーティストです。
Entry No.5164  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年12月25日 (日) 10:04:00

年賀状が出来上がる!

photo


あけましておめでとうございます
ではなく、
Merry Christmas!!!

と勘違いもするくらい、昨日は年賀状作成に明け暮れました。クリスマスを過ぎれば、そろそろお正月です。
Entry No.5156  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年12月23日 (金) 18:33:00

日本気象協会による「2017年 初日の出時刻表」を見る!

photo


日本気象協会から「2017年 初日の出の時刻表」が明らかにされています。上の画像の通りです。
大雑把に東京は6時50分くらいに見えますが、もちろん、高いところに上ると日の出は早まるんではないかと思わないでもありません。サイトでは、サンシャイン60、東京タワー、東京スカイツリーなどが紹介されています。
私は、日本のほかに、南米はチリの首都サンティアゴとインドネシアの首都ジャカルタで年越しをそれぞれ3回ずつ経験しましたが、この年齢になっても早起きが苦手で、大晦日に夜ふかしするせいもあって、60年近い人生で今まで1回も初日の出を見たことがありません。今年もムリだという気がします。
Entry No.5154  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年12月16日 (金) 21:14:00

マクロミル・ホノテによる「2016年 重大ニュース」やいかに?

photo


マクロミル・ホノテによる今年「2016年 重大ニュース」の結果は上の通りです。
1位は文句なしでしょう。米国タイム誌の Person of the Year にも選出されています。ほか、細かな順位の異同はあっても、2位から10位までもこんなもんだという気がします。11位以下はご興味次第で何とでもなりそうに私は受け止めています。
Entry No.5147  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年11月24日 (木) 21:44:00

小林製薬による「中年男性の食生活に関する実態調査」の結果やいかに?

とても旧聞に属する話題ながら、11月15日付けで小林製薬から「中年男性の食生活に関する実態調査」の結果が明らかにされています。やや炭水化物、それも、ごはんに偏った食生活の実態から、糖尿病のリスクに注意を向ける必要性が高いことを示す目的のようです。小林製薬のサイトから<調査結果 トピックス>を簡単に3点だけ引用すると以下の通りです。

<調査結果 トピックス>
  1. やっぱりごはんが大好き! 中年男性の半数は"大盛りスト"と判明
  2. 健康が気になっても止まらない… ついやってしまう「重ね食べ」の実態
  3. 中年男性の健康意識。普段は血糖値を気にしていないが、糖尿病は「将来不安」


ということで、私はとても立派な中年男性ながら食欲をはじめとする物欲関係では、決して、自分自身を典型的な中年男性ではないと考えているんですが、自分自身とも重ね合せて食欲の秋も終盤に差しかかりつつ、いくつか図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


4枚の円グラフを1枚の画像につなぎ合わせてしまいましたが、左上が炭水化物のうちもっとも好きなもの、右上が外食をした際にご飯や麺などの大盛りをしますか、左下が普段からラーメンとご飯のセットなどの「重ね食べ」をするか、右下が普段から血糖値を気にすることがあるか、のそれぞれの問いに対する回答結果です。
まず、左上の炭水化物のうちもっとも好きなものですが、ごはん派が過半数を占めていますが、私の場合はパンではないかという気もします。というのは、ごはんもパンも食べるには食べるんですが、大雑把に、朝食はパンと牛乳、昼食はサンドイッチと野菜サラダ、夕食はごはんもの、という感じの食生活になっています。次に、右上の外食をした際のごはんや麺などの大盛りですが、そもそも、オフィスの昼食もコンビニのサンドイッチが多い中で、それほど外食はしません。それでもあえて炭水化物の多そうな外食といえば吉野家なんですが、ほぼ確実に牛丼の並盛と生卵を頼みます。ということで、ごはんや麺の大盛りはしません。左下のラーメンとご飯のセットなどの「重ね食べ」については、普段からするとはいえないものの、確かに、パスタとバゲットかバタールの重ね食べはするような気がします。ですから、なかなかにビミョーなところで、「普段」に力点を置けばまったくしない、なのかもしれませんが、間を取って、あまりしない、なのかもしれません。最後に、右下の普段から血糖値を気にするか、については、まったくない、なんでしょう。血液検査が必要で、そこら辺に測定機器が置かれている血圧なんぞと違って手軽に計測できるわけではありませんし、私個人については、去年今年と健康診断では90台ではあったんですが、何とか100に達しない正常値の範囲に収まっています。でも、年齢的にアラ還に達していますから、血糖値だけでなく健康には注意すべきとは認識しています。
Entry No.5123  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年11月23日 (水) 10:26:00

ユーキャン新語・流行語大賞ノミネートやいかに?

photo


やや旧聞に属する話題かもしれませんが、今年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた30語が明らかにされています。以下の通りです。

No.01
アスリートファースト
No.02
新しい判断
No.03
歩きスマホ
No.04
EU離脱
No.05
AI
No.06
おそ松さん
No.07
神ってる
No.08
君の名は。
No.09
くまモン頑張れ絵
No.10
ゲス不倫
No.11
斎藤さんだぞ
No.12
ジカ熱
No.13
シン・ゴジラ
No.14
SMAP解散
No.15
聖地巡礼
No.16
センテンススプリング
No.17
タカマツペア
No.18
都民ファースト
No.19
トランプ現象
No.20
パナマ文書
No.21
びっくりぽん
No.22
文春砲
No.23
PPAP
No.24
保育園落ちた日本死ね
No.25
(僕の)アモーレ
No.26
ポケモンGO
No.27
マイナス金利
No.28
民泊
No.29
盛り土
No.30
レガシー


何となく判る気もします。小池都知事や都政関係から多く取られている気がして、「xxファースト」というのが複数、「盛り土」も入っていますし、注目度が高いというか、発信力が強いというか、そういうことなんだろうと思います。でも、「ワイズスペンディング」は漏れたようです。また、「ゲス不倫」、「文春砲」、「センテンススプリング」なんかもソースは同じという気がします。でも、従来から違和感あったのは、24番目の「保育園落ちた日本死ね」です。不正確な記憶かもしれませんが、この前段で「私活躍出来ない」といった趣旨の書き込みが見られたように私は覚えています。すなわち、1億総活躍社会と標榜しておきながら、そのインフラ整備ができていない矛盾を指摘しているわけで、この2点の指摘はセットで理解すべきではないか、後段の「保育園落ちた日本死ね」だけでは何だか不可解ではないか、と思って来た次第です。さらに、まったくどうでもいいことながら、昨年度2015年度下半期NHK朝ドラの「びっくりぽん」が入るのであれば、一昨年度2014年度上半期の「こぴっと」もよかったような気もします。まあ、「こぴっと」は新語ではなく昔からある山梨言葉ながら流行語だと私は受け止めた一方で、「びっくりぽん」は新たに創造された新語という扱いなんだろうというのは理解しますが、流行った範囲では「こぴっと」の方が広がりがあった気もします。ヒロインの評価にもよると思います。
最後に、トップテンと年間大賞は来たる12月1日(木)午後5時に発表されるそうです。何ら、ご参考まで。
Entry No.5122  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年10月30日 (日) 23:11:00

10月にして早くも冬の到来か?

photo


昨日と違って、今日は寒かったです。上の画像は気象協会のサイトから今週のお天気を引用しています。
いよいよ冬の到来でしょうか?
Entry No.5097  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年10月27日 (木) 21:46:00

サッポロビールによる「ハロウィンに関するアンケート調査」結果やいかに?

今年のハロウィンは来週月曜日の10月31日なんですが、カレンダーが悪くて、実際には明日の金曜日からこの週末がイベントには適しているようです。ということで、とても旧聞に属する話題ですが、10月5日にサッポロビールから「ハロウィンに関するアンケート調査」の結果が明らかにされています。pdfのリポートもアップされています。まず、サッポロビールのサイトから調査結果トピックを6点引用すると以下の通りです。

【調査結果トピック】
  • ハロウィンに合わせて何らかの楽しみ方をする人は約半数。
  • 何らかの楽しみ方をする人の比率はエリア間で著しい差は無く、全国的に盛り上がる傾向に。
  • 近年コスプレパーティーが盛り上がる一方で、「家」派が約8割という結果に。
  • 全体的に夫や妻、子供など、家族と過ごす人が多く、回答数の2/3以上。
  • ハロウィンで飲みたいお酒はビール、ワインが2トップ。若年層ほど多様な酒類を楽しむ傾向に。
  • 人気の仮装トップ3は魔女、魔法使い、かぼちゃ。


ということで、ビール会社のアンケート結果なんですが、私はほとんどお酒は飲みませんので、飲み物に関する調査結果はまったく無視して、私の興味の範囲でいくつかグラフを引用しつつ、簡単にリポートを取り上げたいと思います。

photo


まず、「ハロウィンを何かしらの方法で楽しむ」との回答の割合をブロック別・県別に見たのが上のグラフです。とても失礼ながら意外にも、四国の割合がもっとも高くなっています。特に高知県が全国の47都道府県の中でももっともハロウィンを楽しむ比率が高くなっています。これだけで調査結果の信頼性が落ちるような気がしないでもないんですが、あくまで善意に解釈すれば、過疎化の進む高知県で地方公共団体が積極的にハロウィンのイベントに取り組んでいるのかもしれません。でも、何の前提もなく考えれば、基本的に都会ほどこういったイベントを楽しみそうな気もします。我が家も青山に在住していた折は青山通り商店街のイベントに下の倅がよく参加していました。大きなエコバッグを持って大量にお菓子を集めて回っていた記憶があります。

photo


そして、ハロウィンの仮想・コスプレの人気は上のグラフの通りです。魔法使いと魔女というのが定番な気がしますが、我が家の下の倅は山高帽とマントでドラキュラに扮装していたのを思い出します。小さいころはマントを引きずらんばかりでしたので、私が手でもって付いて行ったりしていましたが、引っ越す少し前にはそのマントも小さくなっていたような気がします。

Happy Halloween!
Entry No.5094  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年10月21日 (金) 21:54:00

BMIと運動の関係に関するからだデータ調査結果やいかに?

とても旧聞に属する話題のような気がしますが、10月6日付けでドコモ・ヘルスケアからBMIと運動の関係に関するからだデータ調査がリリースされています。一般的には、あまりにも当然ながら、BMIが低くて肥満ではなく体が引き締まった人ほど、1日の平均歩数が多くてアクティブな時間が長い、などの結果が出ているようです。まず、調査結果サマリーとしてドコモ・ヘルスケアのサイトから2点引用すると以下の通りです。

調査結果サマリー
  • 体が引き締まった人ほど、1日の「平均歩数」が多く、「アクティブ時間」が長い!
  • 1日の平均歩数が9,000歩から12,000歩の人では、「アクティブ時間」が15分を超えるかどうかが、肥満度「標準」と「やや肥満」の分かれ道!15分を超えるかどうかが、肥満度「普通」と「やや肥満」の分かれ道!


ということで、やや疑問の残る分析結果だという気がしないでもありませんが、以下にドコモ・ヘルスケアのサイトにあるグラフなどを3点引用すると以下の通りです。

photo


上から順に、肥満度ごとの1日の平均歩数と平均アクティブ時間、平均9,000歩-12,000歩/日の人の1日あたりの「アクティブ時間」ごとの平均BMI、となっています。ということで、引用したグラフの上のパネルから、体が引き締まった人ほど、1日の「平均歩数」が多く、「アクティブ時間」が長い、という結論を引き出しているのかもしれませんが、2点疑問があります。第1に、一番左の棒グラフで示されたBMI18.5未満の痩せ・痩せ気味を除いているような印象で、BMI18.5以上の標準ないし肥満傾向の人だけを対象にしているように見えます。第2に、もっと根本的な問題で、因果関係を逆転させています。すなわち、体が引き締まった人ほど歩数が多くてアクティブ時間が長い、という方向の因果関係ではなく、明らかに、歩数が多くてアクティブ時間が長い人ほど体が引き締まっている、と考えるべきです。基本は相関関係なんでしょうが、因果関係を考える場合の方向は私の主張の方が一般には正しいんではないでしょうか。しかしながら、下のパネルでは相関関係から因果関係を正しく解釈しているようで、「アクティブ時間」が長い人ほどBMIの数値が低く、引き締まった体である傾向がある、と結論しています。結論の引き出し方に一貫性がないような気もしますが、それはいいとして、「アクティブ時間」が15分以上か未満かでBMI25以上の「やや肥満」と25未満の「標準」に別れる傾向があると主張しています。どこかに閾値はあるものですが、この場合は15分なのかもしれません。
Entry No.5088  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年10月10日 (月) 09:23:00

気象協会の紅葉情報ほか、最近の雑感など!

photo


先週10月5日に日本気象協会から紅葉の見ごろ情報が発表されています。上の画像の通りです。10月中に北海道から始まるモミジ前線は11月に入って本州に南下し、東京周辺に達するのは11月末から12月に入ったころでしょうか。
ということで、この3連休の雑感です。まず、土曜日からデーゲームでセパ両リーグの日本シリーズ出場チームを決めるクライマックス・シリーズが始まりました。我が阪神タイガースが出ていませんので、基本的に、ほとんど興味はないんですが、それでもネットやテレビのスポーツ・ニュースなどでフォローはしています。パではソフトバンクが勝ち上がった一方で、セは今日決まります。でも、セはどちらが勝ち上がっても、結局は広島が日本シリーズに出るんではないかと私は予想しています。パは最後の最後までレギュラー・シーアウンの優勝を日本ハムとソフトバンクが競り合っていましたから、この両チームによるファイナル・ステージはどちらに転ぶかは判りません。
この3連休はお天気がスッキリせず、それでも、私は図書館を回る必要があって土日と自転車で出かけたんですが、収穫もありました。都道445号線沿いに、少し前までイズミヤだったところがイオン・スタイルに衣替えして、1階に広いフードコートが出来ていて、雨宿りのために入ってみました。私がよく参照しているブログでは、「こんな田舎に、やたらとハイセンスな…」といった旨の紹介があったんですが、なかなか快適でした。コーラフロートを頼んで、雨が止むまで2時間ほど読書して過ごしました。
ちょっと出かける予定があり、板橋の高島平通りを自転車で走りました。私のホームグランドの官庁街である霞が関から総理大臣官邸のある永田町あたりも同じで、イチョウの街路樹が植えてあるんですが、そろそろイチョウの木から銀杏が落ち始めています。その匂いに好き嫌いはあるとは思うんですが、季節を感じます。今年はなぜかクールビズが9月いっぱいだったんですが、10月に入って雨ばっかりで天候が冴えないせいもありますが、スンナリと長袖に移行したような気もします。

9月の誕生日で歳を取り、いよいよアラ還というよりも還暦そのものに近づきましたが、定年まで残り少ない公務員生活を充実させたいと考えています。今夕のノーベル経済学賞の発表が楽しみです。
Entry No.5075  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年09月25日 (日) 20:18:00

シルバー・ウィークを終えて9月25日の雑感、宮部みゆきの『模倣犯』と『楽園』のドラマ化など

お彼岸を含む先週のシルバー・ウィークを振り返ります。
まず、よく読書しました。プールにも通いました。要するに、いつもと同じ休日だった気がします。でも、これだけ雨が降ると困ったものでした。自転車での移動に支障を来します。

photo


特筆すべきイベントとして、宮部みゆき『模倣犯』がテレ東でドラマ化され、9月22日23日と二夜連続で放送されました。私は宮部作品では直木賞受賞の『理由』や『火車』などもさることながら、『模倣犯』が最高傑作だとみなしています。それから、2002年に森田芳光監督作品として「模倣犯」の映画がヒットしたのは情報として知っているんですが、何せ、我が家はその年は南の島のジャカルタでのんびりと過ごしていましたので、映画「模倣犯」は見ていません。主人公の前畑滋子は映画では木村佳乃が演じたのは知っています。今回は中谷美紀でした。何となくよく似たラインかもしれません。テレビの前にかじりつきで、どっぷりと浸かっていたわけではありませんが、やっぱり、最後のテレビ局内のシーンは迫力ありました。でも、あんなにお昼の時間帯だったのでしょうか?
また、この続きで『楽園』という宮部作品があって、同じ主人公を配して『模倣犯』の9年後という設定らしいですが、WOWOWでドラマ化されるそうです。前畑役は仲間由紀恵が演じます。2017年1月スタートで6回の放映と報じられています。ところが、私はさすがに『模倣犯』はよく覚えているんですが、『楽園』はすっかり忘れました。読んだことがあるのは確かです。もう一度読みたいと思っています。
Entry No.5057  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年09月16日 (金) 22:13:00

暑い夏から雨降る秋への季節の移り変わりをアンケートでひも解く!

明日から3連休で来週は祝日をはさむシルバー・ウィークという人も多いかと思います。それに来週は、何といっても「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるお彼岸です。いくつか、過ぎ行く夏と来る秋それぞれのアンケート結果を週末前らしく適当に拾ってみました。

photo


上のグラフは、マクロミル・ホノテのサイトから「2016年の夏を漢字一文字で表すと?」というアンケート結果を引用しています。28%が「暑」と回答していて、絶対多数ではないものの、相対的にかなりの差をつけてトップとなっています。地球温暖化の影響かどうか、専門外の私には判りませんが、今年の夏が厚かったことは確かです。また、ホノテのアンケート結果では、今夏に深く印象に残ったものとして、1位「リオ五輪」、2位「SMAP解散」、3位「ポケモンGO」が上げられています。判るような気がします。ところで、9月に入って少し残暑があっただけで、秋の訪れは早かったような気もします。

photo


暑かった夏に続いて秋の訪れが早かったように感じるのは、今週から来週にかけて秋雨前線の影響で雨が多く、8月末から9月にかけて関東を直撃する台風もいくつか上陸したからではないかと私は想像しています。ということで、上のグラフは、i-dio のサイトから雨男・雨女に関するアンケート調査の関連で、「あなたの、雨が降るジンクスを教えてください。」との問いに対する雨男と雨女の回答結果です。グラフには取り上げられていませんが、「その他のジンクス」にある通り、傘を持たないと雨に降られ、傘を持って出かけると降らない、というのはマーフィー法則にもありそうな経験ではないでしょうか。

よい週末をお過ごしください!
Entry No.5047  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年09月11日 (日) 17:31:00

気象協会による紅葉見ごろ予想やいかに?

photo


やや旧聞に属する話題かもしれませんが、9月6日付けで日本気象協会から今秋の紅葉の見ごろ予想が、主としてカエデを眼目として明らかにされています。第1回目の情報です。上の画像に見る通り、紅葉前線は10月20日の北海道から始まって、12月20日の九州まで、2か月に渡って日本列島を縦断します。というか、なぜか、沖縄が入っていません。やや不思議な気がします。
東京の紅葉の見ごろは11月下旬の平年並みのようです。私の記憶が正しければ、季節が進むとカエデだけでなく、イチョウについての情報も明らかにされるんではないかと思います。何といっても、東京都のマークはイチョウですので、神宮外苑の絵画館前のイチョウ並木の見ごろも気になります。そろそろ秋が深まる季節です。
Entry No.5040  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年09月09日 (金) 22:26:00

ドコモ・ヘルスケアによる睡眠に関するデータ分析結果やいかに?

やや旧聞に属する話題かもしれませんが、8月30日にドコモ・ヘルスケアからリストバンド型活動量計「ムーヴバンド3」の利用者を対象にした睡眠に関するデータの調査分析をした結果が明らかにされています。こういったウェアラブル・センサーのような機器から得られたデータの分析結果が広く明らかにされるのは、私にはとてもめずらしく感じられ、簡単にグラフを引用しつつ取り上げておきたいと思います。まず、ドコモ・ヘルスケアのサイトから調査結果サマリー2点引用すると以下の通りです。

調査結果サマリー
  • 最も熟睡できているのは10代女性、最も熟睡できていないのは40代男性!
  • 睡眠時間が短くても熟睡できることが判明! 最も熟睡できているのは、最も睡眠時間が短い木曜日


ということで、次に、ドコモ・ヘルスケアのサイトからグラフを3枚、一挙に引用すると以下の通りです。上から順に、性別・年代ごとの平均熟睡時間、性別・年代ごとの平均睡眠時間、曜日ごとの平均熟睡時間と平均睡眠時間 となっています。

photo


調査結果サマリーにもありましたが、もっとも熟睡できているのは10代女性であり、逆に、もっとも熟睡できていないのは40代を中心とする30代から50代くらいまでの、いわゆる働き盛りの男性だったりします。しかも、40-50代の男性はそもそも睡眠時間がとても短かったりしています。曜日別では、土曜日に「寝だめ」をするがごとくに、日曜日の昼ころまで寝坊するのは判る気がします。でも、私なんかから見て、睡眠時間と熟睡時間が必ずしも相関していないのは不思議なんですが、ドコモ・ヘルスケアでは、例えば木曜日に睡眠時間が短いにもかかわらず熟睡時間が長い点については、「平日に累積した熟睡時間の不足を補うため、睡眠の質を上げて一日の中で熟睡時間を長くすることで不足分を補おうとする体の反応によるものと推測」される、と解説しています。夜間におけるウェアラブル・センサーの何らかの不具合という可能性はまったく考慮されていないようです。
私自身は7時間睡眠が適当と考えており、可能な限り、真夜中に寝て朝の7時に起きる、という睡眠を理想としています。ウェアラブル・センサーを持っていないので、熟睡については私のデータはありませんが、かなりしっかりと寝ているという自覚はあります。朝まで目覚めることはほとんどありません。特に、テレビのナイター中継のコマーシャルなどで、60代男性は夜間に何度もトイレに起きるらしいので、そを防止するサプリメントなどの広告を見かけるんですが、私はかなり60歳に近づいているものの、夜間にトイレに立つことはまったくなく、しっかりと寝ている気がします。
Entry No.5037  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年08月22日 (月) 19:21:00

ウェザー・ニューズ「傘調査2016」の結果やいかに?

今日の東京は台風9号ミンドゥル Mindulle の直撃に遭遇し、特に午後からの暴風雨では傘の手放せない1日でした。ということで、先週8月16日付けで、ウェザー・ニューズから「傘調査2016」の結果が明らかにされています。2万人を超える大規模調査です。図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、ウェザー・ニューズのサイトから、傘の所有本数の都道府県別ランキングほかは上のテーブルの通りです。東京都を筆頭に首都圏と関西でも京阪神圏が所有本数の多い上位を占めています。最も少なかったのが沖縄です。考えられる理由として、短時間強雨や強風の多い沖縄ではすぐに雨が止む、傘をさしても濡れる、雨に濡れてもすぐ乾くなど、そもそも雨に濡れることをあまり気にしない県民性で、傘の利用頻度が低いのではないか、とリポートされています。全国47都道府県の平均は3本でした。また、傘を購入する季節は、当然ながら、梅雨に集中しています。

photo


次に、ウェザー・ニューズのサイトから、ビニール傘に関するテーブルは上の通りです。ビニール傘の所有本数がもっとも多かったのが東京、次いで大阪でした。ビニール傘の割合が高い都道府県は大阪です。全国平均するとビニール傘の割合は53%となっています。逆に、最も少なかったのが、鹿児島と宮崎で、加えて、九州では7県中4県が41位以下に入り、ビニール傘所有率が少ないようです。また、全国47都道府県の平均は1.6本でした。

photo


最後に、ウェザー・ニューズのサイトから、傘の購入時のポイントに関するグラフは上の通りです。性別でかなり分かれており、男性は「丈夫さ」、女性は「デザイン」を重視している割合が高くなっています。また、年代別の特徴としては、年齢が高くなるほど「軽さ」を重視しているのが判ります。最後の最後に、グラフなどは引用しませんが、傘が壊れた最大の理由は「強風」が55%を占め、傘に欲しい機能や性能は「壊れないこと」が65%に上っています。今日のような台風の日にはよく理解できるところです。

台風はようやく関東をほぼ通過し、私が役所を出た際にはまだかなり強い風雨だったんですが、我が家の最寄りの地下鉄を降りた際には雨はかなり小止みになっていました。ただ、山手線は私は使わないものの、山手線のターミナル駅からの私鉄が止まっていて、少し遠い地下鉄で帰宅しました。まあ、テレビでニュースを見る限り、ダメージは小さい方だったのかもしれません。
Entry No.5014  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年07月28日 (木) 22:38:00

マクロミルによる2016年上半期日本の世相調査の結果やいかに?

ちょうど1週間前と旧聞に属する話題ながら、7月21日にマクロミルから2016年上半期日本の世相調査の結果が明らかにされています。もちろん、pdfの全文リポートもアップされています。今年の上半期を「味」に例えるなら、「にがい」が45%でダントツとなっており、「にがいニュース」のランキングは1位「舛添(元)都知事の辞職」、2位「清原和博容疑者逮捕」、3位「熊本地震発生」などとなっています。

photo


上のグラフは、リポートから 【図1】2016年上半期日本の世相を味に例えると? の結果を引用しています。半数近くの45.2%が「にがい」となっています。また、2016年上半期「にがいニュース」ランキングTOP10 は、重複を恐れず、もう一度1位から10位を引用すると以下の通りです。

1位
金銭疑惑の舛添(元)都知事が辞職(69.0%)
2位
清原和博容疑者、覚せい剤所持容疑で逮捕(51.5%)
3位
熊本地震発生(51.0%)
4位
ベッキー、ゲスの極みボーカルと不倫騒動(49.6%)
5位
三菱自動車 燃費データ不正(42.6%)
6位
沖縄で米軍属の男逮捕、20歳女性を乱暴、殺害、遺棄容疑(36.8%)
7位
長野県軽井沢でスキーバスが道路から転落、14人が死亡、26人が怪我(36.2%)
8位
甘利経産大臣(当時)の、民間会社からの金銭授受問題(34.4%)
9位
バドミントン桃田選手のリオ五輪出場停止 先輩の田児選手と違法賭博店に出入りの疑い(30.4%)
10位
野球賭博問題(28.4%)


どちらかといえば、「しょっぱい」ニュースであって、しかも、国内ではないんですが、今年2016年上半期に私の記憶に残っているのは何と行っても BREXIT です。
Entry No.4979  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年07月22日 (金) 19:21:00

マクロミル・ホノテによる「夏休みの過ごし方」に関するアンケート調査結果やいかに?

今週月曜日の7月19日にマクロミルのホノテのサイトに「夏休みの過ごし方」に関する調査結果が明らかにされています。公務員を含む会社員の理想の夏休み期間は7日間ながら、現実は平均3.9日間で理想の約半分にとどまっているものの、今年は「山の日」ができて、ちょっぴり休暇が長くなった人もいたりするようです。まず、ホノテのサイトからTOPICSを引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 会社員(公務員含)の理想の夏休み期間は7日間。しかし現実は平均3.9日間で理想の約半分。
    • 最も長いのは「製造業」の4.7日間、最短は「医療・福祉業」で2.3日間
  • 初施行「山の日」の恩恵にあずかって夏休み期間が長くなった人はわずか17%。
  • 夏休みは "自宅でのんびり派" が多数か。平均予算は7万4千円。
    • レジャー予定はこれから計画? 旅行予定者は30%だが、行きたい人は77%。
    • 働く大人は、みなお疲れ!? 73%が夏休みは「たくさん寝たい」。13%は夏休み中にも「仕事」を予定。
    • ライフイベントが動く夏休み! 19%は家族に相談事あり。恋人がいる人の35%が親に紹介したい。


週末前の軽い話題として、マクロミルの夏休みに関する調査結果を図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、グラフは引用しませんが、会社員・公務員を対象に、理想の夏休み期間を尋ねたところ、最も多い回答は7日間(29%)で、次に2位は10日間(20%)、3位は5日間(17%)と続いており、それなりの旗艦の休みを希望している一方で、現実の夏休み平均取得日数は業種別に上のグラフの通りです。平均で3.9日となっており、どうも人手不足の業種ほど休暇が短いという傾向がありそうな気がします。

photo


今年から8月11日が「山の日」として祝日に加えられましたが、、上のグラフは「山の日」の夏休み期間への影響について尋ねた結果です。恩恵にあずかった16.9%を多いと見るか、少ないと見るかは、何ともビミョーなところですが、当然ながら、祝日の増加により夏休みが逆に減ったという2.2%は上回っています。今年の場合は8月11日が木曜日ですので、それなりに恵まれた職場では、飛び石連休の谷間も休むことが可能かもしれません。

photo


最後に、夏休みの予定を尋ねた結果のグラフは上の通りです。私も断然家でゆっくりです。
Entry No.4969  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年07月17日 (日) 17:54:00

オフィスのエアコン事情やいかに?

やや旧聞に属する話題ですが、7月7日に三菱電機ビルテクノサービスから「ビジネスパーソン1,000名に聞く、夏のオフィスのエアコンに関する意識と実態調査」と題するアンケート調査結果が公表されています。もちろん、pdfのリポートもアップされています。サイトから調査結果の概要を6点引用すると以下の通りです。

ポイント
  • 6割(60.5%)のオフィスが空調機の温度設定が変更可能!
  • オフィスの設定温度は28℃以上が最多(3割弱)!
  • 6割(60.0%)の女性は、オフィスが "寒い"と感じている!
  • 8割以上(82.5%)がオフィスの冷房で"体調不良"になった!
  • 7割(70.3%)の女性が、黙ってこっそり設定温度を変更していた!
  • 変更した温度が元に戻される7割(73.7%)、8割弱(78.0%)が再び希望温度に変更!


付け加えるべきことはなにもないんですが、下のグラフはリポートから引用しています。私も、少なくとも今年については、役所のオフィス以外は、やや冷房の利かせ過ぎのきらいがあると感じていて、薄手のカーディガンなんぞを持ち歩くことが多くなっています。

photo
Entry No.4962  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年06月27日 (月) 21:14:00

サイバーエージェントによる10代有権者の意識調査結果やいかに?

先週6月23日付けで、アメーバ・ブログを運営するサイバーエージェントから10代有権者の意識調査の結果が公表されています。グラフを引用して、簡単に取り上げておきたいと思います。

photo


まず、「候補者や政策に関する情報を入手する上で、活用したいと思うもの」を聞いたところ、最も多かったのは「インターネット」で67%に上りました。以下、「テレビ」(62%)、「新聞」(33%)、「選挙ポスター・チラシ」(25%)、「街頭演説」(19%)と続きます。伝統的なマスメディアよりもインターネットが1番というのも特徴的かもしれません。そのインターネットの中でも、SNSの活用についての結果が上のグラフの通りです。61%という過半数ながら、私の実感としてはこの数字はビミョーであって、少なくとも決して高くないと受け止めています。それなりに、ディスカウントして解釈すべきと考えている10代有権者が少なくないような気もします。さて、実際の選挙結果やいかに?
Entry No.4933  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年06月23日 (木) 21:12:00

日本気象協会「梅雨に関する大調査」の結果やいかに?

さる6月15日に日本気象協会から「梅雨に関する大調査」の結果が公表されています。簡単にアンケート調査結果のグラフを引用して紹介しておきたいと思います。

photo


まず、Q.梅雨は好きですか? の回答結果は上のグラフの通りです。「嫌い」が75%です。当然でしょう。なお、グラフは引用しませんが、嫌いな理由の1位は「蒸し暑い」が選ばれ、「洗濯」や「カビや食中毒」が続いています。7番目には「自転車に乗れない」が入っており、私はこれに強く同意しました。

photo


次に、というか、最後に、Q.雨の日のマナーで具体的に気になったことは? の回答結果が次のグラフの通りです。「周りを気にせず傘の水滴を払う」が1位、ほとんど票数は変わらず「傘の先端を後ろ向きにして持ちながら歩く」が2位、「人とすれ違うときに傘を傾けない」が3位と、梅雨の時期の必需品である傘の扱いを多くの人が意識していることが見受けられます。気を付けたいものです。
Entry No.4929  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年05月03日 (火) 10:31:00

クロス・マーケティングによる「睡眠に関する調査」やいかに?

今日からもう一度3連休で、今朝は少し寝坊していたところなんですが、先週4月28日にクロス・マーケティングによる「睡眠に関する調査」の結果が明らかにされています。私は基本的に睡眠に関しては満足しているんですが、少し興味をひかれました。まず、クロス・マーケティングのサイトから調査結果を3点引用すると以下の通りです。

調査結果
  • 睡眠の満足度では、【満足・計】(かなり満足+やや満足)と、【不満・計】(かなり不満+やや不満)の割合が同じ34.3%という結果となった。【満足・計】を性年代別に見ると、男女ともに60代の満足度が高い
  • 睡眠の不満理由では、【睡眠の質が悪い】(60.1%)と【睡眠時間が短い】(50.6%)が半数を超えており、他の項目と比べて圧倒的に高い
  • 日中の眠気の有無では、【眠気がある・計】(毎日ある+よくある+たまにある)が85.4%と、日中に眠気を感じている人が大多数を占める。さらに、【「毎日ある」+「よくある」・計】を性年代別に見ると、男性よりも女性の方が眠気を感じており、なかでも10代女性にその傾向が強い


調査対象は、いわゆる首都圏の一都三県に限られていて、ネット調査でもあり、それなりのバイアスは仕方ないところかもしれません。上の「調査結果」の概要に対応するグラフをクロス・マーケティングのサイトから引用すると以下の通りです。

photo


繰り返しになりますが、基本的に、私自身は睡眠にかなり満足しています。年齢的にトイレが近い人も知っていますが、私はまったくトイレは近くありませんので、もう何年も夜中に起きることはありませんし、7時間睡眠が取れている夜も多いと思います。でも、年齢のためか、日中に眠くなる時も少なくなく、昼休みにウトウトする時もあります。オフィスにいる時はコーヒーが好きで日によっては2-3杯飲む時もあり、その興奮作用で眠くならないような気もします。
Entry No.4865  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年04月29日 (金) 14:11:00

マクロミル・ホノテの衣替えに関する調査結果やいかに?

とても旧聞に属する話題ですが、4月14日にマクロミル・ホノテから「すっかり春めいてきましたが、『衣替え』いつしますか? 失敗しない「衣替え」時期をチェック!」と題して衣替えに関する調査結果が明らかにされています。まず、マクロミル・ホノテのサイトから調査結果のTOPICSを4点引用すると以下の通りです。

TOPICS
  • 衣替えのきっかけ。女性は「天気」、男性は「気温」
  • 衣替えは「4月に」が最多。ただし約半数が「冬物をしまったのにまた寒くなって困った」経験アリ
  • 「サンダル・ミュール」、4割の女性が履き始めの時期に悩む。GW過ぎれば履いてOK!?
  • 古くから続く日本の習慣なのに、今や4人に1人は衣替えしない時代。始まりを知るのはたった1割


私は適当な服装をしている中年公務員ですから、それほどオシャレでもないことは明らかで、来月5月からはネクタイなし上着なしのクールビズが始まりますので、特にいい加減な格好で役所に出勤したりするんですが、それなりに興味もあるところ、図表を引用して簡単に紹介しておきます。

photo


まず、マクロミル・ホノテのサイトから春・夏の衣替えのタイミング・きっかけに関する問いの回答結果を引用すると上のグラフの通りです。男女間の差については私はよく判らないながら、男性の回答結果は私の実感にかなりフィットします。すなわち、気温を重視する中でも最低気温ではなく、昼間の活動時期の最高気温の方をより重視しますし、回答にある「月」というのは、おそらく、天体の月ではなく季節感のことでしょうから、気温もさることながら、季節感も重要です。その昔に「伊達の薄着」という言葉がありましたが、少し早目に衣替えするのも、特に、春から初夏にかけての衣替えでは色使いが明るく華やかになりますから、それなりに季節感も重視するならいいんではないか、と私は考えています。ただ、私の場合は薄着になってもボディ・ラインは気にならないんですが、中年を過ぎると厚着でごまかす必要のある人もいそうな気がしますので、春の衣替えの時期を遅らせて厚着を続ける、という考えも理解できます。なお、どうでもいいことながら、近所のクリーニング屋さんがドライものの割引を始める時期にもやや左右されそうな気がします。

photo


次に、マクロミル・ホノテのサイトから衣替えを実施する月に関する問いの回答結果を引用すると上のグラフの通りです。これまた、こんなもんだという気がします。私の場合も、4月を中心に、ダラダラと3月から始めて、5月までかかる、というカンジではないかと思います。私は軽めのショート・コートというものを持っていないので、その昔は「オーバー」と呼ばれていたようなダッフル・コートや決して「ライト」でも、もちろん、「ウルトラライト」でもなんでもないモコモコのダウン・コートなどを3月から片付け始め、4月には上着を軽いのに取り替え、5月からシャツが半袖になる、というところではないかと思います。でも、こう考えると、私の本格的な衣替えは数の上からは5月なのかもしれません。

photo


次に、マクロミル・ホノテのサイトから「足元の衣替え」をするかしないかに関する問いの回答結果を引用すると上のグラフの通りです。この調査では、かなり「サンダル・ミュール」に特化した質問となっているような気がしますが、私の場合は、秋冬のデザート・ブーツの後、春夏はデッキ・シューズになる、というサイクルもあります。でも、半袖と長袖のようにクッキリと入れ替わるわけでもなく、秋冬はややデザート・ブーツを履く比率が高く、春夏には少しデッキ・シューズを着用に及ぶ割合が増える、というくらいではないでしょうか。サンダルは私の場合は着用する期間は通常よりも長く、早くから履き始めて遅くまで履いている、という気がします。4月に入ってすぐの週末にはクロックスを履いて自転車をこいでいた記憶があります。

最後に、グラフは引用しませんが、2点ほど取り上げると、まず、衣替えのイメージについては、「季節が感じられていい」とポジティブに回答した人がトップで37.1%に対して、ネガティブな「面倒くさい」が35.4%で2位につけており、なかなか興味深いところです。さらに、そもそも衣替えは平安時代の宮中行事から始まったというのは、私も京都の人間ですから、どこかでほのかに聞いたことがあるような気もしますが、改めて、衣替えを宮中行事発祥として認識するようになった気がします。
Entry No.4859  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年04月27日 (水) 22:46:00

ゴールデンウィークの天気予報やいかに?

photo


昨日、日本気象協会から「2016年 ゴールデンウィークの天気」が明らかにされています。上の画像の通りです。なお、関東甲信から九州にかけての天気予報は下の通りです。

各地域の天候の一言ポイント
29日(金)から5月2日(月)は晴れるところが多く、気温も上がって汗ばむ陽気となる見込みです。
夏日(最高気温25度以上)となるところもあるため、熱中症対策や紫外線対策をしっかりと行ってください。
5月3日(火)以降は天気が数日の周期で変わり、平年に比べ曇りや雨の日が多いでしょう。
Entry No.4856  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年04月18日 (月) 21:19:00

ウェザーニューズ「第5回花粉飛散傾向」やいかに?

やや旧聞に属する話題ですが、ウェザーニューズから4月8日に「第5回花粉飛散傾向」が公表されています。実は、4月に入って3回ほど週末を過ごしましたが、この3回の土日とも私は体調を大きく崩し、昨日の日曜日なんぞは抗アレルギー剤を服用して午後から寝込んでいたりしました。ネットで花粉飛散に関する貴重な情報を発見して、このブログでも取り上げておきます。まず、下のグラフは関東におけるスギ・ヒノキ花粉の飛散ピークをウェザーニューズのサイトから引用しています。

photo


関東では、そもそも、今シーズンのスギ・ヒノキ花粉の総飛散量は昨年の約0.4-0.7倍と少なくなっており、また、平年と比較するとわずかに約0.2-0.4倍と非常に少なくなっています。時期的には、2月上旬に飛び始めたスギ花粉は3月上旬には飛散のピークを迎え、3月中旬に寒の戻りがあった影響で3月いっぱいは多くの花粉が飛び、ダラダラと長いスギ花粉シーズンとなっています。4月上旬にスギ花粉からヒノキ花粉への移行期間を終え、グラフを見る限り、現在はヒノキ花粉がピークを迎えているようです。私の体調不良の原因はこれかもしれません。4月下旬までは本格的な花粉の飛散が続き、花粉シーズンの終了は5月上旬となりそうです。私のようなアレルギー持ちには困ったもんです。
Entry No.4841  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年04月04日 (月) 22:48:00

NHK朝ドラ「あさが来た」が高視聴率を記録!

先週で終了したNHKの朝ドラ「あさが来た」は平均視聴率で23.5%を記録し、2002年度上半期「さくら」の23.3%を久し振りに上回る高視聴率だったそうです。ビデオリサーチのサイトから引用した最近のNHK朝ドラの視聴率は以下の通りです。

放送年度番組名初回視聴率最高視聴率平均視聴率
2015あさが来た21.2%27.2%23.5%
まれ21.2%22.7%19.4%
2014マッサン21.8%25.0%21.1%
花子とアン21.8%25.9%22.6%
2013ごちそうさん22.0%27.3%22.3%
あまちゃん20.1%27.0%20.6%
2012純と愛19.8%20.2%17.1%
梅ちゃん先生18.5%24.9%20.7%
2011カーネーション16.1%25.0%19.1%
おひさま18.4%22.6%18.8%
2010てっぱん18.2%23.6%17.2%
ゲゲゲの女房14.8%23.6%18.6%
2009ウェルかめ16.0%20.6%13.5%
つばさ17.7%17.7%13.8%
2008だんだん16.8%18.7%16.2%
16.5%18.5%15.2%
2007ちりとてちん17.1%18.8%15.9%
どんど晴れ14.9%24.8%19.4%
2006芋たこなんきん20.3%20.3%16.8%
純情きらり17.7%24.2%19.4%
2005風のハルカ18.3%21.3%17.5%
ファイト16.9%21.9%16.7%
2004わかば18.9%19.9%17.0%
天花18.6%20.0%16.2%
2003てるてる家族20.9%22.0%18.9%
こころ22.5%26.0%21.3%
2002まんてん20.3%23.6%20.7%
さくら20.3%27.5%23.3%
2001ほんまもん23.1%25.1%22.6%
ちゅらさん21.3%29.3%22.2%
2000オードリー23.2%24.0%20.5%
私の青空23.9%28.3%24.1%


朝日新聞のサイトでは以下の通り、今世紀最高の視聴率と報じています。
Entry No.4821  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年03月21日 (月) 11:16:00

今春のサクラの開花予想やいかに?

photo


やや旧聞に属する話題ですが、ちょうど1週間前の3月14日にウェザーマップからさくら開花予想2016が発表されています。さくら開花前線は上の画像の通りで、東京は3月18日ころの予想です。
昨年の11月から今年1月半ばにかけて気温が高い状態が続き、記録的な暖冬となりましたが、暖冬はサクラの花芽が休眠から目覚めにくく、開花が遅くなる要因となる一方で、1月末以降も気温が高い日が多く、3月中旬ころから再びかなりの高温傾向となる見込みのため、暖冬による影響を考慮しても平年よりも早い開花となるところが多い、との予想となっています。
なお、同時に各地の見ごろ予想も明らかにされています。以下の通り、東京では3月26日から4月3日ころとの予想です。

photo
Entry No.4797  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

2016年02月16日 (火) 21:44:00

楽天リサーチ調査による「バレンタインデーにチョコレートを欲しくない理由」やいかに?

一昨日2月14日は世間ではバレンタインデーでした。ということで、いくつかバレンタインに関するアンケート調査の結果が明らかにされていますが、とても旧聞に属する話題ながら、2月8日に楽天リサーチから「バレンタインデーに関する調査」結果が発表されていますので取り上げたいと思います。というのは、いくつかある中で、楽天リサーチの結果は、「バレンタインデーにチョコレートを欲しくない理由」を調査しているからです。その結果のグラフは以下の通りです。楽天リサーチのサイトから引用しています。

photo


実は、この問いの前段があって、今年のバレンタインデーにチョコレートは欲しいかどうかを問うています。「はい」の回答が44.6%、「いいえ」が42.1%とかなり拮抗しています。残りの13.3%は「わからない」です。ただし、「はい」は明らかに20代から60代に向かって比率を低下させている一方で、「いいえ」は逆に60代でもっとも多くなっています。という前提で、上のグラフはとても正直にバレンタインデーにチョコレートを欲しくない男性の気持ちを表していると受け止めています。まったく、私もこの楽天リサーチの調査結果の通りです。
バレンタインで「チョコを欲しくない」というと、酒飲みだからとか、甘いものが好きではない、といわれる場合もあるんですが、私は余り酒は飲まず、甘いもの、特にチョコは大好きです。でも、その昔に「義理チョコ」と称された慣習は、そろそろ廃れつつあるようで、今年の場合、バレンタインデーが日曜日だったから、という理由もあるのかもしれませんが、私のオフィスでは「義理チョコ」は配られませんでした。役所でも年賀状のやり取りがほぼなくなって久しいんですが、バレンタインデーの「義理チョコ」とホワイトデーの「お返し」も早く廃れて欲しい気がします。
Entry No.4762  |  普通の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑
 | BLOG TOP |  OLDER ≫