2014年06月29日 (日) 11:52:00

今週のジャズは上原ひろみ「ALIVE」を聞く

photo


今週のジャズは、ようやく、上原ひろみの新しいアルバム「ALIVE」です。先月発売されたところで、諸事情あって、今月下旬にアマゾンのギフトを入手予定だったものですから、早速買い求めました。ベースのアンソニー・ジャクソン、ドラムスのサイモン・フィリップスと組んだトリオ・プロジェクトの新しいアルバムは「VOICE」と「MOVE」に続く3枚目です。私はすべて買い求めました。その昔はよくCDを買っていたんですが、最近ではめずらしい気もします。まず、曲の構成は以下の通りです。

  1. ALIVE
  2. WANDERER
  3. DREAMER
  4. SEEKER
  5. PLAYER
  6. WARRIOR
  7. FIREFLY
  8. SPIRIT
  9. LIFE GOES ON


ノッケのアルバムのタイトル曲が何と16分の27拍子で圧倒されます。終盤に向けて、リリカルなナンバーも取り入れ、各曲の完成度が高い上に、アルバムとしてもとても完成度が高くなっています。このトリオのアルバムとしては2作目の「MOVE」よりも、最初の「VOICE」の方を私は評価していたのですが、文句なく3作目にして上原ひろみの代表作となるアルバムと言えます。どうでもいいことながら、山中千尋がホーンも入れたグループで録音したアルバム「Somethin' Blue」を来月リリースすることになっていて、大いに楽しみにしているんですが、私としてはいまだに山中千尋の代表作はヴァーヴでのメジャー・デビューのアルバム「Outside by the Swing」だと思っていたりします。その意味で、上原ひろみの「進化」に私は大いに注目しています。ジャズファンを自任するのあれば、何としてでも聞いておくべきアルバムのひとつだと思います。

Entry No.3996  |  音楽鑑賞の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |