2015年05月21日 (木) 19:31:00

大卒就職率は人手不足により上昇!

やや旧聞に属する話題ですが、一昨日5月19日に厚生労働省と文部科学省から平成26年度「大学等卒業者の就職状況調査」の結果が公表されています。4月1日現在の大学卒業者の就職率は昨年から+2.3%ポイント上昇し、96.7%を記録しています。まず、日経新聞のサイトから記事を引用すると以下の通りです。

大卒就職率96.7%、リーマン前に迫る高水準 15年春
今春卒業した大学生の就職率(4月1日時点)は96.7%となり、ピークだったリーマン・ショック前の2008年(96.9%)に迫る高水準となったことが19日、文部科学省と厚生労働省の調査で分かった。全体の就職希望率は72.7%で、1996年の調査開始以来、最高を記録した。文科省は「景気回復による企業の求人増が全国的に広がっている」と分析している。
就職率は就職希望者のうち、実際に仕事に就いた人の割合。全国の国公私立大62校を抽出し、就職状況を調べた。
今春の就職率96.7%は、前年同期を2.3ポイント上回り、過去最低だった11年(91.0%)から4年連続で上昇。女子が96.9%で、96.5%の男子を3年連続で上回った。文系は96.5%、理系は97.2%だった。
就職希望者は41万700人で、大卒全体に占める就職希望率は72.7%と前年を1.2ポイント上回った。採用環境の改善を背景に、進学希望だった学生の一部も就職を選んだとみられる。卒業時に就職できなかった学生は推計1万3600人で、前年から8600人減った。
19日には高校生の就職率も発表され、前年同期比0.9ポイント増の97.5%となり、1992年以来、23年ぶりの高水準となった。都道府県別で見ると、県外に出ることなく地元で就職した高校生の割合が例年より高く、同省の担当者は「製造業やサービス業の求人が地方でも増え、やむなく都市部に出る高校生が減った」としている。


次に、この発表リポートからデータを取って、毎年4月時点での大卒者の就職率をグラフにすると以下の通りです。

photo


引用した記事にもある通り、大学卒業生の就職率はリーマン・ショック直前の2008年以来の高い水準を示しています。この情報は、5月19日付けの夕刊各紙の1面で報じられて注目していたんですが、1次QEなどがあって、ついつい、このブログで取り上げるのが遅くなりました。この先、2020年の東京オリンピックに向かって公共事業などが活発化すれば、さらに人手不足に拍車がかかる可能性がありますので、企業サイドでもきちんと賃金をはじめとする待遇面で対応することが必要であろうという気がします。なお、引用した日経新聞のサイトの他にも以下のメディアのサイトで報じられています。ご参考まで。


それから、誠についでながら、雇用や就職と関連して、いわゆる「バイトテロ」について私の見方を書き留めておきたいと思います。すなわち、飲食店や小売店などにアルバイトなどで雇用されている従業員が、店の設備や商品、特に食品で悪ふざけ、あるいは、悪ふざけの域を超えた犯罪行為に近いものまで含めて、そういった様子を写真撮影してSNSなどに流す行為を指すんではないかと思いますが、日本の労働者の質の低下を象徴的に表している可能性があると私は受け止めています。ただし、それには然るべき背景があります。特に学生アルバイトなどは、従来から我が国の雇用者の質が高く、賃金以上の生産性を示して企業収益の向上に貢献してきた面があると私は考えているんですが、バブル経済の崩壊からデフレまでの20年不況の中で、雇用者の労働の質が賃金並みまで低下してしまった可能性があるんではないでしょうか。労働者の生産性に見合った賃金が支払われずに、賃金に見合って労働者の質が低下した可能性があるわけです。あくまで可能性ですが、この先の人手不足経済を見通すと、従来のように低賃金で良質な労働力が確保できていた時代と違って、今後、賃金を含めて良好な待遇を提示することによる良質な労働力の確保は企業経営の要諦となる可能性すらあるんではないかと私は感じています。まあ、実証のできるテーマではなく、私が直観的に感じているだけなんですが、少なくとも、良質で生産性の高い労働に対して高賃金や好待遇で処遇することは余りに当り前ではないかという気もします。以上、ついでの議論でした。
Entry No.4405  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |