2015年10月26日 (月) 21:38:00

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」のテクノロジーはどこまで実現したか?

先週10月21日は、いわゆる「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」でした。すなわち、1989年に公開された映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」の中で主人公のマーティーとドクがタイム・トラベルをした未来の日付として登場したのが、先週の2015年10月21日水曜日であり、「バック・トゥ・ザ・フューチャー・デイ」と呼ばれているそうです。これにちなんで、アドビ社ではソーシャルな発言数を基に、映画の中で登場した2015年の技術がどれだけ実現されているかを分析し、Adobe Digital Index research のサイトで以下のインフォグラフィックに取りまとめて10月16日に発表しています。

photo


取りあえず、いくつか紹介すると、モノのインターネット Internet of Things、タブレット端末、平面画像のテレビ、指紋認証などの個人識別の4点についてはA評価が下されています。ただ、自動車の進化は映画ほど進まず、ホバーボードとともにB評価となっていたりして、シカゴ・カブスのワールド・シリーズ制覇は別枠で考えるとしても、総合評価 Average はB+と下されています。こんなもんかという気もします。権威ある大学教授などの科学者に評価を依頼するんではなく、SNSなどにおけるソーシャルな発言数で評価を下そうという試みに、私は少し驚かされました。やや無理やりですが、経済評論のブログに分類しておきます。
Entry No.4640  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |