2016年08月01日 (月) 22:08:00

ポケモンGOに関するビッグデータ分析やいかに?

NTTデータのデータサイエンティストの分析に基づくニュースを届けてくれるイマツイから、先週木曜日の7月28日付けで、「データサイエンティストがポケモンGOに関する話題を分析!」と題して、2016年7月22日の配信開始からの3日間のポケモンGOに関する話題量を分析した結果が明らかにされています。それによれば、天空の城ラピュタの名シーン「バルス!」の瞬間にツイッター民が一斉につぶやくバルス祭りの今年の1日の総ツイート量が180万ツイートだったのに対して、ポケモンGOについては配信日当日の話題量は600万ツイート、翌日300万、翌々日250万と、何と3日間合計で1200万ツイートに及んだそうです。

photo


時間別の3日間の話題量推移は上のグラフの通りです。配信開始当日は海の日を含む3連休直前の金曜日に当たりますが、社会人定時の18時に第2の山が来ており、ビジネスパーソンにも大きな話題となっていたことが指摘されています。
Entry No.4983  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |