2016年09月27日 (火) 20:21:00

OECD「中間経済見通し」やいかに?

国際機関などの海外情報が遅れ気味で、昨夜のピュー・リサーチに続いて、今夜は国際協力開発機構(OECD)から先週水曜日9月21日にOECD「中間経済見通し」Interim Economic Outlook が公表されています。図表を引用しつつ簡単に取り上げておきたいと思います。まず、OECDのサイトにアップされているリポートから最初の4パラを引用すると以下の通りです。

Global growth warning: Weak trade, financial distortions
Global GDP growth is projected to remain flat around 3% in 2016 with only a modest improvement projected in 2017. This forecast is largely unchanged since June 2016 with weaker conditions in advanced economies, including the effects of Brexit, offset by a gradual improvement in major emerging market commodity producers. Overall, the world economy remains in a low-growth trap with persistent growth disappointments weighing on growth expectations and feeding back into weak trade, investment, productivity and wages.
Continued weak trade growth, and the sharp slowdown in 2015 and 2016, underlines concerns about the robustness of global growth. While demand factors play a role, weak trade also reflects structural factors and a lack of progress - together with some backtracking - on the opening of global markets to trade in goods and services. Slowing trade growth will depress productivity growth in future years.
Long-term interest rates have fallen further in recent months, reaching exceptionally low levels in many countries, with more than 35% of OECD sovereign debt trading at negative yields. At the same time, equity valuations remain high and have continued to increase in some economies despite weak profit developments and reduced long-term growth expectations. Real estate prices are rising rapidly in many economies, while credit quality and credit spreads are declining in some markets.
Monetary policy has become overburdened and is creating distortions in financial markets. Effective monetary policy support requires more and collective fiscal policy, as well as implementing structural reforms to boost growth and inclusiveness. Monetary policy has created a window of low interest rates. Fiscal policy should take advantage of the increase in fiscal space to increase growth-enhancing spending. Structural reform momentum needs to be intensified, rather than continue to slow as in recent years. Trade policies are a key lever to boost growth and should be supported by measures that ensure the gains from globalisation are widely shared. A more balanced policy mix would put the global economy on a higher growth path and reduce financial risks.


リポートの最初にサマリー的にイタリック体で4パラだけ置かれているんですが、それでもかなり長くて包括的な記述ですので、これを読むだけで十分という気もします。要するに、下線を付した通り、需要サイドの問題ながら (While demand factors play a role)、世界貿易が振るわず将来の生産性向上を阻害する恐れがあり (Slowing trade growth will depress productivity growth in future years.)、金融政策に負荷がかかり過ぎて市場を歪めている (Monetary policy has become overburdened and is creating distortions in financial markets.) 可能性が指摘されています。ということで、後は、図表を引用しつつ、簡単に見ておきたいと思います。

photo


まず上のテーブルはOECDのリポートから経済見通しの総括表 OECD Interim Economic Outlook Forecasts を引用しています。今年2016年6月時点の見通しと比較して、成長率がやや下方修正されていますが、ほぼ変わりないという印象です。下方修正の大きな要因は英国のEU離脱、いわゆるBREXITであり、我が国だけでなく先進国全体に影響を及ぼしていると考えられます。日本の成長率は依然として低く、かつ、振れも小さくないが続き、円高及びアジア貿易の低迷が輸出に与える影響も原因となり、2016年は+0.6%、2017年は+0.7%の成長がそれぞれ予測されています。他方、OECD非加盟国ながら、中国、ロシア、ブラジルといった新興国は商品市況の持ち直しもあって、先進国のように成長率の下方修正はされていません。

photo


次に、上のグラフはOECDのリポートから Real time global value chain indicator を引用しています。世界貿易は量的に弱含んでいるとともに、貿易自由化に逆行する動きやグローバル・バリューチェーン(GVC)の弱体化が進んでいるとして、最後のGVCの指標を上のグラフで示しています。特に、GVCは中国と東アジアで弱まっていると指摘しています。

photo


最後に、上のグラフはOECDのリポートから A high share of government debt is trading at negative yields を引用しています。OECDはリポートで加盟各国の国債のうち35%がマイナス金利で取引されていると指摘していますが、特に、日本と欧州のいくつかの国では上のグラフに見る通り、70%を超える割合の国債がマイナス金利での取引となっています。金融市場の歪みのひとつと指摘されています。
最後の最後に、政策対応として、財政政策と構造政策抜きでは金融政策に負荷がかかり過ぎるとして、インフラ整備などの財政政策、また、グローバル化を強化する構造政策、技能向上やマッチング改善を促進する積極的労働市場政策などが重要と指摘されています。

photo


なお、本日、日銀から8月の企業向けサービス物価指数(SPPI)が公表されています。前年同月比上昇率で見て、ヘッドラインのSPPI上昇率は+0.2%、国際運輸を除くコアSPPIは+0.3%と、ギリギリでプラス圏を維持していますが、大きな変化は見られず膠着状態が続いている印象です。

なお、次々に国際機関の経済見通しが公表されますが、10月7-9日のIMF世銀総会を前に、本日9月27日には米国東部海岸時刻で9時に国際通貨基金(IMF)の「世界経済見通し」World Economic Outlook の分析編 Analytical Chapters が公表される予定となっています。国際貿易、ディスインフレと金融政策、中国経済の3章立てです。明日か明後日にでも日を改めて取り上げたいと思います。
Entry No.5059  |  経済評論の日記  |  コメント(0)  |  トラックバック(0)  |  to page top ↑

コメント

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP |